So-net無料ブログ作成
検索選択

surface×武部聡志 Special Collaboration LIVE「SAIKAI」@東京キネマ倶楽部 [SURFACE]

今朝夜行バスで戻ってきてから、とりあえず爆睡してました[眠い(睡眠)](笑)
やっぱり10時間座りっぱなしはキツイな[バス]
でも、来週のマッキーのクリコンも帰りは夜行バスです…。


CA311024.JPG

さて、昨日のsurface武部さんとの【奇跡】のコラボライブですが、
surfaceと武部さんとパーカッションの朝倉真司さんを加えた
アコースティックなスタイルで、全員椅子に座っての演奏でした。
会場もツアーの時とは打って変わって落ち着いた大人な雰囲気のライブで、
4人の素晴らしい演奏をじっくり堪能するって感じでした。2283881.gif
本当に贅沢な2時間で、もうヤバすぎました!![グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]
途中、嗚咽を漏らす勢いで号泣しましたし。2283886.gif
その理由はまた後ほど♪(焦らす・笑)

てなわけで、レポはちょっと長くなりそうなので続きは↓からどうぞ☆

 

今回は、広いフロアに椅子が並べられた会場で、
キャパは約400人だったようです。
私は200番台終盤の数字であまり良くない番号で10列目くらいだったけど、
余裕でステージが見られました。朝倉さん以外は[たらーっ(汗)]
ステージ向かって左から、武部さん・椎名さん・永谷さん・朝倉さんというポジションで、
私は武部さんのほぼ正面。ピアノがバッチリ見られました!![ハートたち(複数ハート)]


さて、気になるセットリストを発表~[るんるん]

01:くしゃみ-たまり場 パート2-
02:君の声で 君のすべてで...

03:空っぽの気持ち
04:嘘じゃなく 愛していた
05:Tell me

06:縁
 ※椎名さん・永谷さんのみ
07:冬の終わり ※椎名さん・武部さんのみ

~カバーコーナー~(3人それぞれのリクエストによる)
08:愛の才能(川本真琴) ※永谷さん→椎名さんへのリクエスト
09:どんなときも。(槇原敬之) ※椎名さん→永谷さんへのリクエスト
10:TOKIO(沢田研二) ※武部さん→椎名さんへのリクエスト

11:だいじなもん
12:振り返らない君の涙を僕は忘れない
13:ジレンマ
14:それじゃあバイバイ

~アンコール~
15:素直な虹


私が号泣した理由が分かっていただけます?
そうなんですよ!マッキーの「どんなときも。」をカバーしてくれたんですよ!![揺れるハート]
このカバーコーナーに関してはまた後ほど♪(まだ焦らす)

今回のMCは、曲に絡めたものがほとんどなので、
MCレポも途中途中に書いていきます~。φ(^∇^ )

「くしゃみ」では、最後の♪ラーラ ラーラーのコーラスを永谷さんが歌ってくれたので、
今回のライブは永谷さんの歌声がいっぱい聴けるかも♪と期待(笑)。
予想通り、というか予想外に後のカバーコーナーで歌ってくれました![手(チョキ)]
「君の声で 君のすべてで...」は、テンポアップしたノリの良いアレンジで新鮮[ぴかぴか(新しい)]
「空っぽの気持ち」は、surfaceとして初めてレコーディングをした曲で、
その当日、永谷さんはギターに苦戦して泣き、椎名さんは鼻血を出したと武部さん暴露(爆)。
「縁」の前、武部さんと朝倉さんがステージ袖に引っ込むと、
「身軽になったー!良かったー!」と椎名さん(笑)。
この曲でも永谷さんがコーラスを担当してました♪

:「この会場って初めて来たけど、雰囲気あっていいね~。」
:「もともとキャバレーだったみたいだね。」
:「じゃあ、ここで踊り子さんたちがこう踊ってたわけだ。」
(本領を発揮し踊りだす椎名さん・笑)
:「この前のツアーでも踊ってたよねー。」
:「あれは最初はエローコーナーなんてなかったんだよ!
   でも2公演目でチョット股間を触ったら『エロい』って言われてさ(笑)。
   んで3公演目でグラインドさせて4公演目にはチャックを開けるようになっていって。
   何か、俺にエロを求めてる勘違いしたお客さんがいるんだよね(笑)。
スミマセン、いつの頃からか勘違いしっぱなしです(爆)。

「縁」の後、永谷さんが「シーッ」という仕草をして静かに袖へ。
1人きりになったことに気付き、「ひとりっ!!改めまして、椎名ひとりです」と自己紹介(笑)。
再び武部さんを呼び込み、2人で「冬の終わり」
武部さんの選曲だそうで、ライブで披露されるのは非常に珍しい曲です。


そしてカバーコーナー!
3人がお互いにsurface以外の曲で歌って欲しい曲をリクエストし合うという、
このライブだけの超スペシャルなコーナーでございましたよ。
まずは、永谷さんから椎名さんへのリクエストで、川本真琴さんの「愛の才能」

:「何でこの曲を選んだの?」
:「デビュー前って、椎名君お酒飲めないしゲームばっかりやってたし。
:「それは今も変わってないけど(笑)。」
:「ま、僕も当時は未成年だったんで一応お酒飲めなかったけど(爆)。
:「おいおい、ギリギリトークだな[あせあせ(飛び散る汗)]
:「よく2人で遊んでたんですよね。ゲーセン行ったりビリヤードしたり。」
:「仲良かったよなー。(←過去形・笑)」
:(爆笑)
:「えー!!ちょっと衝撃発言ですけど(笑)。で、カラオケにも良く行ってて、
   いつだったか、僕が遅れて行った時があったんだけど、その時ドア開けて入ったら…。」
:「俺がこの曲歌ってたの?」
:「そう!しかも相当ノリノリで。『俺の曲のような気がする』とか言ってたし。」
:(爆笑)
:「何か俺、恥ずかしいな(笑)。」
カバーも原曲のキーで歌ってくれたんですが、本当に椎名さんの持ち歌みたいでしたよ♪
歌い終わった後も「俺の曲にしようよ!」って言ってたし(笑)。

お次は、椎名さんから永谷さんへのリクエストで、まさかの(笑)マッキー「どんなときも。」
しかも永谷さんがボーカル!椎名さんはコーラスで参加しました♪

:「もうね、リハーサルで聴いて泣きましたよね(笑)。」
:「泣いたね。もう凄い温かくて。」
:「もともと永谷は槇原敬之さんの曲が大好きなんですけど、
   正直俺は『マッキー?ふーん』って感じでほとんど聴いたことがなくて。
   でも、永谷に勧められたアルバムを聴いて衝撃を受けて、
   永谷ゴメン、俺マッキー好きだわ』って(笑)。
:(笑)
:「それで、どの曲がいいかなと思って武部さんと相談したら
      コレが一番永谷に合うんじゃないかと。
   武部さんは槇原さんと仕事されたことはあるんですよね?」
:「何度かあるよ。」
:「俺らはまだお会いしたことがなくて。周りのスタッフで槇原さんと共通の方と
   一緒になることはあったんだけど。どんな方なんですか?優しそうな感じがするけど。」
:「そうなんだけど、音楽に対しては頑固だし、やっぱり作品力は素晴らしいね。」

歌い終わって、
:「こうやって人前で歌うのって、4・5年前の『Everything has a reason』以来?
   今年一番の思い出ですね。」
:「実は、槇原さんは僕らが受けて武部さん(当時審査員の1人だった)に
   落とされたAXIAオーディションの第1回目のグランプリ受賞者なんですよ。
   そういう繋がりもあるんです。」
大好きなsurfaceが大好きなマッキーの曲をカバーしてくれたことが嬉しくて、
永谷さんが素敵な笑顔で歌ってくれてることが嬉しくて、
これが聴けただけでもこのライブに参加できて良かったと思いました!(*´∇`*)

3曲目は、武部さんから椎名さんへのリクエストで、沢田研二さんの「TOKIO」
この曲の前、椎名さんはステージ袖へ消えて、しばし永谷さんと武部さんのトーク。

:「椎名君との出会いっていつだっけ?」
:「高校の時ですね。僕が2年で椎名君が3年で。」
:「今、椎名君いないからさ、当時どんな子だったか言ってみて(笑)。」
:「そうですねー、一言で言えば【学校のヒーロー】ですね。【色男】というか。
   ま、今も皆さんそう呼んでますけど(笑)。」
:「そうなんだ。次の曲は、椎名君が3・4歳の時に、
   コタツの上に乗って傘持って歌ってたんだって。」
:(笑)
:「やっぱり昔からナルシストなんだな(笑)。
:(爆笑)
:「そうですよねー。3・4歳の時にこの選曲って(笑)。」
「やっぱり」って、武部さんもそう思ってたんですね(笑)。

そして曲が始まると、ステージ左上の階段で繋がったバルコニー的なスペースに
椎名ジュリー慶治登場!(o_ _)ノ彡☆
何故帽子を用意してなかったのか!(笑)
本人、登場の仕方がチョット恥ずかしかったみたいです( ̄m ̄〃)

カバーコーナーを終えて、
:「ホント、僕らって真逆ですよね。」
:「そうだねぇ。ていうか、真逆すぎて一周してるんじゃない?(笑)
   お前を見てると自分の裏の姿を見てる気がするもん。
   ポンってスイッチ押したらお前みたいになるんだろうなって。
   だから、永谷もスイッチ切り替えたら俺みたいになるんだよ。
   そしたら、お前もポジティブに生きられるよ?(爆)
:(爆笑)
永谷さんに一体何が?(笑)


そして、インストアライブを含め、恐らく今まで生で演奏したことがないという
椎名さん曰く「残念な曲」(爆)である「だいじなもん」をこのライブで初披露。
きっと、この日のために今までとってあったんでしょう~。
「振り返らない君の涙を僕は忘れない」のサビでは、
ツアーの時と同様、みんなで手を振りました(⌒ー⌒)ノ~~~
「ジレンマ」は、実は当初デビュー曲として用意されていたという秘話が。
でもその話はポシャって(汗)、結局「それじゃあバイバイ」がデビュー曲に。

:「当時、イントロはシンプルにした方が良いって武部さんに言われて、
   ホント勉強になったよな。」
:「え?そんなこと言ったっけ?」
:「言いましたよ!どこが始まりか分からないようなダラダラ長いのじゃなくて、
    イントロは8小節くらいでいいんだって。
   それまで俺らが作ってたイントロって32小節くらいありましたからね(爆)。」
:「いや、でも勢いがあっていいよね。要らないものを削ぎ落としてシンプルだし。」
:「ありがとうございます。」
32小節のイントロって、イントロというよりインストなんじゃ…(^^;)

アンコールは、このライブタイトル【SAIKAI】を象徴する「素直な虹」で締め括り。
この曲で武部さんと10年振りの再会を果たしましたからね。

:「永谷は何で、武部さんにこの曲をお願いしようって思ったの?」
:「何か最近多いんですけど、正夢を見たんですよね。武部先生が出てくる夢を(笑)。」
:「夢に武部さんが出てきたの?それ緊張するな(笑)。一緒に作業してるの?」
:「いや、何をしてるって感じじゃなくてただ出てきただけだったんだけど。」
:「この曲はデモの段階で武部さんとやりたいって言ってたよね。」
:「ちょうど13曲とか曲を作らなきゃいけない時期で、
   あまりちゃんと眠れなくてよく夢を見てたんだよね。
   それで、この曲ができた時に武部さんと一緒にできたら凄く良い曲に
   アレンジしてくれると思ってマネージャーに話をしてて。」
:「シングルになるとかもまだ決まってない段階だったけど。」
:「そうしてたらタイアップが付いて、本格的に武部さんにお願いしようってことになって。」
:「武部さんもあの頃はメチャクチャ忙しくて、まぁ、いつも忙しい方なんですけど、
   特に忙しくてなかなかスケジュールが合わなくて。」
:「そうだっけ?(笑)」
:「それでも僕らの思いを汲んで隙間を作って下さって。」
:「僕らが初めてレコーディングしたスタジオ青葉台だったんだけど、
   再会したのも同じスタジオだったんだよね。」
:「そうそう!そうだったよね。もう一瞬であの頃に戻ったよ。
   スタジオに入って武部さんの姿を見た時、
   意味もなく土下座しそうになったもん(笑)。
:(笑)
:「でも、武部さんが『久しぶり!』って言ってくださってホッとしたよ。」
:「また一緒にやりましょうって声を掛けてくれて本当に嬉しかったよ。」


全ての曲を見事に歌い切った椎名さん。
でも、最後の挨拶で3人並んで立った時に感極まって泣いてしまいました。2283957.gif
ライブの途中で何度も言ってた【奇跡】という言葉。
武部さんと同じステージに立てたこと、
武部さんと10年振りに再会できたこと、
それらは、私たちファンが思ってる以上に奇跡的な出来事なんだと。
そんな素晴らしい奇跡のライブに立ち会えて、私も幸せでした!2283889.gif

そして。
「どうしてもこのライブを映像に残したい」という椎名さんの強い思いで、
なんと、来年発売予定のツアーライブDVDに今回の映像も入るそうですよ[exclamation×2]ヾ(・∀・)ノ
だから「DVD買えよ!」と(笑)。もちろん買わせていただきますとも!2299416.gif
でも、出来ればツアーのも今回のもノーカットで収録して欲しいな~。
別作品として発売されても両方買うから!(笑)


長々とレポしてきましたが、やっぱり参加して良かった[かわいい]
大袈裟ではなく、参加しなかったら一生後悔するところでした。
武部さんのピアノはやっぱり素敵[ぴかぴか(新しい)]で、このライブのアレンジも素晴らしかったです[るんるん]
まさにMagic of 武部!(これが言いたかっただけ・笑)
何もかも大満足なライブでした[黒ハート][黒ハート][黒ハート]
またいつか【SAIKAI2】があることを期待してます♪

椎名さん、永谷さん、武部さん、朝倉さん、
最高の奇跡のステージをありがとうございました!!


nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 5

PASTAN

こんばんは。

……やっぱり行きたかったです。
もう二度と聴けないんだろうな。喬夫ちゃんの歌声なんて……。
by PASTAN (2008-12-19 00:10) 

ハル

ご無沙汰しております…お久しぶりです^^

すごい!!!
もーこの一言につきますね!
ミオンさんのレポでお腹いっぱいになりました。
ありがとうございます^^ そしてお疲れ様でした。

喬夫ちゃんが人前で歌ったのは衝撃でした。
セトリを読んだ時点で「椎名くんが「どんなときも」かぁ」
と思ってたんですが、なんと喬夫ちゃんが歌ったんですね!
ミオンさんには最高のプレゼントだったのではないですか?
私も聴いてみたかったです。

それにしてもこのライブ、再会ってより原点って感じですね。
「それじゃバイバイ」ではなく「ジレンマ」がデビュー曲だったら
私がサーを聴くことはなかったかも…
や、「ジレンマ」も大好きな曲だけどやっぱり
「それじゃバイバイ」だったから耳にとまったんだと思うし。

あー、なんか久しぶりにサーが聴きたくなってきました。
最初のアルバムから聴きなおします!
長々と失礼しましたm(__)m
by ハル (2008-12-19 00:17) 

ミオン

>PASTANさん
ホント、今回のコラボライブは色んな奇跡が合わさった、
貴重なライブでしたよ。
surfaceが誰かの曲をカバーすること自体、私は初めて聴いたし、
永谷さんの歌声も久しぶりに聴いたし。
PASTANさんのように、残念ながら参加できなかった方たちのためにも、
是非カバーコーナーもDVDに入れて欲しいです!!


>ハルさん
お久しぶりです!(^▽^)
こちらの予想を遥かに超えたライブでした♪
このセトリならハルさんも十分楽しめますよね?(笑)
「どんなときも。」は、surfaceからの1週間早いクリスマスプレゼントだと
勝手に思ってます☆
椎名さんの口から「槇原敬之さん」って名前が聞けただけで嬉しかったです(爆)。

「ジレンマ」は私も若干印象が薄い曲なんですよね。
私がファンになったのはもっと後になるんですけど、
やっぱり「それバイ」のインパクトは大でしたねー。
これも武部さんのアドバイスのお陰ですね(笑)。
by ミオン (2008-12-19 00:46) 

ちーちゃん

ライブレポお疲れ様♪
そして遠征もお疲れ様~♪



昨日は本当に素晴らしいライブだったよね(〃ω〃)
奇跡だって昨日はこの言葉が椎名くんの口から
よく出てたけど
ホントにそうだな、と。


あんな素晴らしい時間と場所に一緒に居れたこと。

充分すぎるくらいだったねー♪



喬夫くんの「どんなときも。」は本当にドンピシャって言葉が
ピッタリくるくらいハマっていた気がしますが
マッキーファンのミオンちゃんにはたまらない選曲だったことでしょう☆

スゴイライブだったんだよね・・・・今更だけどwww


DVDにもダイジェストでもいいから収録してもらいたいよね~♪

実際には著作権の絡みで収録は難しそうだけど(;・∀・)
行けなかった人達のためにもぜひ・・・ね♪


そしてまた来年も一緒にライブを楽しめるといいね!!!
by ちーちゃん (2008-12-19 01:58) 

ミオン

うん、凄いライブだったんだよね…。
そう考えると、チケット取れたこと自体が奇跡だったのかも☆
取れて当たり前~♪なんて思ってたけど、滅相もない!(笑)
チケットの神様に感謝感謝です(^人^)

永谷さんの「どんなときも。」にはただただ涙するばかりで、
まともに聴けてないわ~(爆)。
だからやっぱりDVDに入れて欲しい!_○/|_  ←土下座(笑)

来年はFACES10周年だから、また特別なライブがあるといいね♪
いや、別に普通にツアーでもOKだけど( ̄m ̄〃)
by ミオン (2008-12-19 23:13) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。