So-net無料ブログ作成
検索選択

槇原敬之トリビュートコンサート“We Love Mackey”@Bunkamuraオーチャードホール [槇原敬之]

20110304 (15).JPG

マッキーのトリビュートライブ。
生中継や再放送でご覧になった方もいらっしゃいますよね[るんるん]
観客は勿論、ステージに立つアーティストの皆さんも全員マッキー好きという、
マッキー好きのマッキー好きによるマッキー好きのためのライブでした[ハートたち(複数ハート)]ゝ(▽`*ゝ)(ノ*´▽)ノ
そりゃ楽しくない訳がない(笑)。
2階席からの参加でしたが、双眼鏡でバッチリ見られたし[手(チョキ)]
マッキーと何度目が合ったことか[黒ハート](*ノノ)
・・・そう思わせてください[あせあせ(飛び散る汗)]

TVで放送されたのでレポは必要ない気もしますが、
会場でもTVでも見られなかった方のために、
というか自分のために(笑)やっぱり書きたいと思います[ペン]
ウチでCS放送が見られれば、録画して見ながらレポ書けるんですが(爆)、
残念ながら地上波しか見られないTV環境なので、
現地で書き留めた怪しげなメモとおぼろげな記憶を頼りに書いてます。
その辺のところを踏まえて読んでいただけるとありがたいです<(_ _)>

レポの前に。
会場ロビーでは、各アーティストのグッズやCDが販売されていました。
ライブ限定の【We Love Mackey】Tシャツもありましたが購入せず(^▽^;)
でも、「¥2000以上お買い上げで、さかいゆうサイン入りアナザージャケットプレゼント」
の文字をCD売場で発見[exclamation×2]
去年のオーキャンのリベンジとばかりに、シングル2枚を購入♪[CD][CD]
アルバム「YES!」しか持ってなかったしね。ちょうど良かった[手(チョキ)](笑)

20110304 (19).JPG

さ、ここからライブレポです。
TVの生中継もあったので、定刻通り19時にスタート。(いつもこうならいいのに・爆)
まずステージに現れたのは武部さんでした[黒ハート]
続いて本日の主役マッキー登場[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]\(*^▽^*)/
黒ジャケット+白シャツ白ネクタイに黒パンツというカチっとしたスタイルで、
髪型は最近お気に入りの(?)長めのモヒカン。
1曲目はデビュー曲「NG」
武部さんのピアノにマッキーの歌声。なんて贅沢なんでしょう[ぴかぴか(新しい)](´▽`)
次は?と思ってたら、早くもマッキー退場( ̄◇ ̄;)
ここからは、トリビュートアルバムに参加したアーティストの方々が次々に登場しました[るんるん]
では、先にセトリを載せておきます。

01:NG 槇原敬之
02:冬がはじまるよ (かりゆし58)
03:モンタージュ (かりゆし58、miwa)
04:北風 (miwa)
05:素直 (福原美穂)
06:彼女の恋人 (福原美穂、さかいゆう)
07:遠く遠く (さかいゆう)
08:PENGUIN (中村中)
09:Hungry Spider (中村中、一青窈)
10:SPY (一青窈)
11:LOVE LETTER (一青窈、キマグレン)
12:ズル休み (キマグレン)
13:どんなときも。(キマグレン、かりゆし58、miwa、福原美穂、さかいゆう、中村中、一青窈)
14:ANSWER (槇原敬之)
15:もう恋なんてしない (JUJU)
16:今年の冬 (JUJU、ゴスペラーズ)
17:うん (ゴスペラーズ)
18:不安の中に手を突っ込んで (槇原敬之、ゴスペラーズ、JUJU)
19:どうしようもない僕に天使が降りてきた (槇原敬之)
20:僕が一番欲しかったもの (槇原敬之)
~アンコール~
21:林檎の花 (全員)
22:世界に一つだけの花 (全員)

各アーティストの持ち歌も歌うんだろうなと思ってたけど、
We Love Mackeyというタイトルに相応しいマッキーづくしなライブでした[かわいい]

かりゆし58は、「こんなに大勢のお客さんがいたら、人気があると勘違いする」とか、
「他人のフンドシで相撲を取ってます」みたいなこと言ってましたが、
トップバッターの役目を見事に務めてくれましたよ(゜∇^d)

続くmiwaちゃんはかなり緊張してる様子で、武部さんからも心配されてました[あせあせ(飛び散る汗)]
あ、武部さんはmiwaちゃんのことを【チャンミワ】と呼んでるそうです。
ザ・業界人って感じ(笑)。チョット意外な一面を見たな(´艸`)
現在20歳のmiwaちゃん、「父親の影響で槇原さんの曲を聞いていた」と話すと、
会場からは思わず苦笑が(^▽^;)
「このことを槇原さんにも話したらやっぱり苦笑されました」と(笑)。

福原美穂さんは、キュートなmiwaちゃんの歌声とは対照的で大人っぽくてカッコイイ[グッド(上向き矢印)]
と言ってもまだ23歳なんですね[あせあせ(飛び散る汗)]
感情がこもった力強い歌声に圧倒されました!

そして待ってました!のさかいゆう君!(*゜▽゜ノノ゛☆ ←初めて「君」呼び(笑)
トリビュートアルバムでは君が歌ってた「彼女の恋人」を歌ってくれました[るんるん]
ハイトーンボイスのイメージが強いゆう君ですが、
この曲はキーが低いので男らしい歌声にクラクラした~[揺れるハート](〃∇〃)
マッキーについては、「マッキーさんは大好きで、語りたいことが沢山あるんですけど。
もう好きすぎて。ってあんまり好き好き言ってたら気持ち悪いですか?
と( ̄m ̄〃)
いや、スキマスイッチの常田さんも好き好き言ってるけど気持ち悪くないので大丈夫[手(パー)](爆)
「遠く遠く」は弾き語りで。
「最後まで泣かずに歌えるかな[たらーっ(汗)]と不安気に言って歌い始めましたが、
途中で少し詰まってしまいました(T-T) →本人ブログ参照
20歳で上京した時の気持ちを思い出してしまうんだとか。
これは仕方ないよ、実家から離れたことのない私でもグッとくる曲だもん(っД`)
うん、マッキーの曲は凄いよ。

次は中村中さん。中さんもマッキーファンとして有名ですね。
「PENGUIN」を選曲した経緯について面白エピソードを話してくれました(*≧m≦*)
「槇原さんは『NG』という曲でデビューされましたが、デビュー曲がNGって(^^;)
 でも、私のデビュー曲は『汚れた下着』っていう曲なんですよ。
 本当は♪友達くらいでいい~っていう『友達の詩』でデビューしたかったんですけど。
 プロデューサーに、「君のデビュー曲は『汚れた下着』くらいがちょうどいい」って・・・[たらーっ(汗)]
 ということで、下着にちなんで槇原さんの『UNDERWEAR』というアルバムの中から
 皆さんもきっと好きな『PENGUIN』を歌わせていただきます。」

下着繋がりだったとは!!(o_ _)ノ彡☆

一青窈さんは中さんと仲良しのようで、2人は【賑やかし】担当だとか(笑)。
武部さんに「私たち賑やかしですか?」と確認すると「うん、賑やかしだね」と即答。
ここで、どういう流れで言ったのか忘れたけど、中さんが「フンガモだよ」と言い始め、
一青さんが「え?フン顔」と聞き間違い(笑)。確かに私もそう聞こえたけど(;^_^A
「よく自分の部屋でTVのリモコンをなくすんだけど、探してもその時は見つからないのに
 ちょっとトイレに行ったりして戻ってきたらあったみたいなことない?
 そういう現象のことをフンガモって言うんだけど、『もう恋なんてしない』の
 ♪紅茶のありかがわからないって歌詞があるでしょ?
 あれってフンガモじゃないかな?」

みたいなことを話したんですが、「お客さんが付いて来てないけど大丈夫?」と一青さん。
そして「フンスパ、じゃなくてハンスパ!」と曲フリ(爆)。
賑やかしらしく、2人でタンバリン片手に「Hungry Spider」を賑やかに歌ってくれました[ぴかぴか(新しい)]

キマグレンは、何と半袖&短パン&裸足で登場!夏先取り[晴れ](さすが逗子出身)
「私もよく裸足で歌ってた」という一青さんに「取っちゃってすみません」と謝る2人( ̄m ̄〃)
「LOVE LETTER」について、一青さんとKUREI君は♪網目の影が流れる横顔をって、
♪アニメの影かと思ってて、彼女がアニメ会社にでも就職するのかと思った。」
という
勘違い話を2人でしてたそうです(^▽^;)
お陰で、この部分を歌ってる時にクスっとしちゃったじゃん(笑)。

前半の出演者全員での「どんなときも。」は楽しかった~[るんるん]
Bメロの「パンパパン[手(グー)]」はアーティストも一緒にやってましたね☆^∇゜)

そして再びマッキー登場[exclamation×2]
今度は「ANSWER」。武部さんのピアノで聴けるとはねぇ(ノ_・、)
あ、そうそう[ひらめき]
今回ギターが小倉博和さんだったんですよ!
以前のマッキーツアーでは御馴染みのギタリストだったけど、
ここ数年は全然お目にかかれてなかったので凄く嬉しかったです[グッド(上向き矢印)](∩´∀`)∩

次はJUJUさんで「もう恋なんてしない」
アルバムで聴いた時もそうだったけど、JUJUさんが歌うと切なさが増しますね。
ライブ後半は大人っぽい雰囲気になりました。

ゴスペラーズが加わっての「今年の冬」も良かったなぁ[かわいい]
ゴスペラーズは、過去にハマッてた時期がほんのチョットだけありまして(笑)、
でも生でステージを見るのは今回が初めてだったので凄い嬉しかったです[るんるん]
ハモリも良いんですけど、ユニゾンが素晴らしくてゾクゾクしました((゚ω゚))
「うん」を選曲したのは安岡さんだそうで、それに関してエピソードを教えてくれました。
「当時、僕らはまだ大学生だったけどデビューすることになって、
 これからどうしていくかアレコレ考えてるそんな時にこの曲を聴いたんです。
 素晴らしい曲っていうのは、美しい言葉や難しい言葉を並べればいいというのではなく、
 シンプルな言葉だけでも人に伝えられるものなんだなと教えてもらいました。
 こんな良い曲がこの同じ国のしかも同じ時代にすでに存在してるのに、
 これから僕らがデビューしても良いんだろうかと思いましたけど(笑)。」

という感じのことを仰ってましたよ。

ここでマッキーが呼び込まれて、3組で「不安の中に手を突っ込んで」
マッキーは、白地に黒の水玉模様のシャツ+ループタイに衣装チェンジしてました[ぴかぴか(新しい)]
下は裾を折り返してたように見えたのでジーンズだったのかな?
アウトロの♪不安の~の歌い出しを間違えたマッキーに、すかさずフォローする村上リーダー。
さすがプロだわ[かわいい]

「どうしようもない僕に天使が降りてきた」では、サビで白ハンカチを頭上でクルクルする観客。
皆さんさすがですね。私は全然用意してきてませんでした(;^_^A
本編ラストの「僕が一番欲しかったもの」は、「デビューして去年で20年だったんですけど、
今20年間を振り返ってみてこんな気持ちです。」
と言って歌ってくれました。
だけど、大サビ前の♪ここまで来た道を振り返ってみたら♪振り返っての部分を
♪歩いてと歌い出してしまい、慌てて♪振り返って~と早口で歌い直してました[あせあせ(飛び散る汗)]
最後はマッキーと観客とでコーラスのコール&レスポンスをして終了。

アンコールではマッキー以外のアーティストはWe Love Mackey Tシャツを着て登場。
まぁさすがに自分では着られんよね(´m`)
ショートパンツで登場したJUJUさんに会場から歓声が(笑)。
メッチャ細くてキレイだったんですよ[ぴかぴか(新しい)](羨)
マッキーを中心に、全員が横に並んでのアンコールは、
各アーティストが歌ってる間、マッキーは父親のように優しい顔で見守ってました(*´∇`*)
「林檎の花」も聴けて大満足です[かわいい]


最初に書きましたが、とにかくみんながマッキーのことを愛してて、
それが観客だけでなくステージに立つアーティストの皆さんからも伝わってきて、
とてもとても幸せな空間で幸せな時間を過ごせました[黒ハート]
心からマッキーに、出演アーティストに、そして武部さんに感謝[exclamation×2](^人^)

I LOVE Mackey forever[黒ハート][黒ハート][黒ハート]


武部さん、いつか椎名さんと永谷さんにもマッキーを会わせてくださいね(笑)。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。